プロフィールビデオの作り方について、制作スタッフからのアドバイスです。
HOME

コメントでプロフィールビデオの印象は変わります


笑いや涙を誘うのはコメント次第!
コメント1つで、プロフィールビデオの印象は変わります。


どんなことを書いていいのかわからないという方へアドバイス

コメントのパターンは大きく3つに分類されます。

【状況説明】
いつ(何歳、年月日)どこで(場所)誰と(一緒に写っている人)撮ったのかを表示

【ストーリー性をもたせる】
生まれた時から現在までの生い立ちを物語のように一連の流れを作る

【メッセージを送る】
一緒に写っている方、ゲストへ向けて感謝の気持ちを綴る

ポイント

難しく考えすぎない。
書き言葉よりも普段の話し言葉を使うことで、人柄も伝わりやすくなります。




コメントで写真をカバー

学生時代の写真がほとんどない/ツーショットの写真が少ない
思ったように写真が準備できなくてもコメントでカバー出来ちゃいます!

小学入学〜成人式までの間の写真がほとんどない!

→“月日は流れ、僕も大人になりました”
“あれから10年、、、こんなんなっちゃいました”
コメントで時間の流れをサラッと説明すると流れが不自然になりません。

自分が写っている写真が少ない

自分が写っている写真が少ない

本人が写っていなくても、好きな場所や物の紹介という形にできます。


“卒業旅行で行ったハワイ!海がキレイだった”(海の写真使用)
“毎年旅行する沖縄は第二の故郷”(シーサーの写真)


     例)愛犬 さくら。
     一緒にお嫁に行きます

ツーショットの写真が少ない

自分が写っている写真が少ない

ツーショットの写真でなくても、お互いの写真に対しての第一印象やプロポーズの時の思い出をコメントで紹介する方法もあります。
ブライダルグッズを写真に撮り、結婚準備の様子をコメントで振り返ってもいいと思います。

“第一印象:眠そうだな〜 by新婦”
(新郎ワンショットの写真に対して)
“結婚します!”
(リングピローやウェルカムボードの写真を使って)


  例)憧れだった結婚指輪(ハート)
     幸せになります♪

コメント一例

【状況説明】

1980年8月9日2850gで誕生!
七五三。お兄ちゃんと一緒に☆
中学卒業!親友の○○と
大学2年 サークルの合宿☆河口湖にて
初デートはディズニーランド(ハート)
2008年5月11日 両家顔合わせ

【ストーリー性をもたせる】

1980年8月9日鈴木家長男として誕生
小さい頃は人見知りで恥ずかしがり屋だったけど
小学校入学と同時にたくさんの友達が出来たよ!
サッカー選手にはなれなかったけど、
小学校から高校卒業までサッカー一筋☆
友達の紹介で出会い、一目惚れ
緊張のプロポーズ!

【メッセージを送る】

1980年8月9日 この日のこと覚えてる?
いつもわがまま許してくれてありがとう
沢山ケンカもしたけど、兄貴がいて良かった
大学入学 お母さんは誰も喜んでくれたよね
こうして二人が出会えたのも
みんながいてくれたおかげです。


ページ上部へ

Bridal-DVD.com ブライダルDVDコム