プロフィールビデオの作り方 写真選びについて、制作スタッフからのアドバイスです。
HOME

ゲストと一緒に盛り上がるプロフィールビデオを作るために


新郎・新婦の生い立ちを紹介するプロフィールビデオ。
当然お二人が主役です。
ですが、お二人のお写真だけに偏ってしまうと、似たような構図の写真ばかりになってしまい、
単調な映像になってしまいます。
その結果、自己満足のためのプロフィールビデオになってしまう可能性も、、、

自己満足なプロフィールビデオにならない為の写真選びとは?


喜んでもらえる写真選び

ゲストと一緒に写っている写真を使う

ゲストと一緒に写っている写真を使う

・おじいちゃんやおばあちゃんと一緒に写った写真
・いとこと遊んでいる写真
・学生時代の友人と一緒に写った写真

→懐かしい思い出と共に、思いがけず登場した自分の姿にゲストの方々は喜んでくれるので、盛り上がります。


両親の結婚写真を使う

ゲストと一緒に写っている写真を使う

両親の結婚があったからこそ、お二人が産まれ・出会えたのです。
両親の結婚写真から生い立ちを始めることで感慨深いプロフィールビデオとなります。


固すぎない写真を混ぜる

ゲストと一緒に写っている写真を使う

七五三、入学・卒業式、成人式、カッチリと決まったお写真だけでまとめず、
ちょっぴりハメを外した写真やおもしろ写真があれば、ギャップ効果でより一層楽しんでいただけます。


写真が少ないときは工夫する

二人で撮った写真が少ない/写真嫌いで、大きくなってからの写真があまりない、、、

→コメントの付け方や構成を工夫することで、カバー出来ます!




キレイな映像に仕上げるために

今までお世話になり、お二人の結婚を祝福してくださる大勢のゲストの方に観て頂くプロフィールビデオ。

喜んでもらえる写真選びに、少し気を遣うだけで出来上がった映像に大きく差が出ます。
一生の記念になるプロフィールビデオをキレイな映像で残しませんか?

写真を送るときの注意事項

ご本人様がわかるように付箋にメモをする

集合写真等の場合、大勢の人の中から本人を探しているうちに写真が切り替わってしまっては、せっかくのコメントも読んでもらえません。ドコに本人がいるのかわかるように制作いたしますので、メモをお忘れなく。
 →例:右から3番目、赤い服の男の子等

ご本人様がわかるように付箋にメモをする ご本人様がわかるように付箋にメモをする

番号を書いた付箋は写真の裏に貼る。

付箋の糊が写真についてしまいます。 思い出のお写真を汚さない為にも、裏面に貼って下さいね。

デジカメ等のデータがある時は、データで送る。

メールに添付でお送りいただくときは、写真サイズを変えずにお送り下さい。
(お写真そのもののサイズを落としますと、画質が落ちてしまい綺麗な仕上がりにならない場合もございます)
ご自身でスキャニングしてお送りいただく場合は下記の仕様を推奨しております。
フォーマット:jpg
解像度:300dpi以上
画素数:200万画素以上 1800×1200ピクセル以上

アルバムに貼り付けられた写真は無理に剥がさず、そのまま送る

 無理に剥がすと破れてしまいます。どのページのお写真か付箋等でお知らせ下さい。 アルバムは他のお写真同様に大切に取り扱いいたします。

写真補正もお任せ!

色あせた写真でも大丈夫!色あせた写真でも大丈夫!

色あせた写真も大丈夫

 古いお写真はどうしても、色あせてしまっていることが多いですが、1枚1枚丁寧に補正させていただきます。画鋲の穴やキズ、破れてしまった部分もキレイに消させていただきますので、気になる汚れがある時は、ご相談下さい。(全てのお写真がキレイに復元出来るわけではございません)

日付も消せます。

映像で観たときに意外と気になってしまう日付。
あえて、≪日付を残したい!≫という場合以外は消させていただきます。

余計な部分はトリミングいたします。

全く知らない人が写りこんでいたり、指が写りこんでいるお写真、背景が広く写っているものはトリミングさせていただきます。写りこんでいる場所によっては難しい場合もございますが、可能な限り対応させていただきますので、トリミングのご希望がある場合はご連絡ください。


ページ上部へ

Bridal-DVD.com ブライダルDVDコム